パブロ・ピカソ 《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》 1936年 油彩、カンヴァス 65 x
                        54 cm
                        ベルリン国立ベルクグリューン美術館 © Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe © 2022 -
                        Succession Pablo
                        Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ 《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》
チケットのご購入はこちらから

見どころ

Highlight1
最高の顧客は自分自身
― アート・ディーラーが厳選した20世紀美術コレクション

「自分が生きる時代を代表する美術を展望するには、一級の作品が揃っていなければ本当の意味で説得力はない」と語ったベルクグリューンは、画商としての経験と人脈を活かしながら、自身の嗜好と鑑識眼をたのみに収集を続けました。すべてのコレクターのお手本ともいえる、作品収集への情熱と研ぎ澄まされた審美眼による粒よりのコレクションを、一堂に展観します。

Highlight2
珠玉のコレクションからさらに厳選した名品が初来日

ベルリン国立美術館群のひとつであるベルクグリューン美術館の改修に伴い、初めて主要作品がまとまった形で国外に貸し出される本展は、貴重な展示の機会です。

Highlight3
ピカソ・コレクションとしても第一級

同時代の最大の画家としてピカソに心酔していたベルクグリューンは、画家本人とも交流しながら、作品の収集に没頭し、コレクションを拡大させました。本展出品作のうち、日本初公開35点を含む約半数がピカソの作品という充実したヴォリュームによって、ピカソの画業の各時代を代表する名品を紹介します。

Highlight4
ベルクグリューン厳選の額にも注目

作品を購入すると、ベルクグリューンはアンティークの額を探し出して組み合わせました。こだわりのアンティークの額縁とのユニークな組み合わせにも注目です。

展示作品

パブロ・ピカソ

Pablo Picasso

パブロ・ピカソ《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》
パブロ・ピカソ
《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》
日本初公開
1936年 油彩、カンヴァス 65x54cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
©2022 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ《座るアルルカン》
パブロ・ピカソ
《座るアルルカン》
日本初公開
1905年 水彩・黒インク、厚紙 57.2 x 41.2cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
©2022 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ 《窓辺の静物、サン=ラファエル》
パブロ・ピカソ
《窓辺の静物、サン=ラファエル》
日本初公開
1919 年 グアッシュ・鉛筆、紙 35.5 x 25cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
©2022 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ《丘の上の集落(オルタ・デ・エブロ)》
パブロ・ピカソ
《丘の上の集落(オルタ・デ・エブロ)》
1909年 油彩、カンヴァス 65.1 x 81.3cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館、ベルクグリューン家より寄託
©Private Collection, on loan to Museum Berggruen - Nationalgalerie, Staatliche Museen zu Berlin / bpk / Jens Ziehe
©2022 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ《大きな横たわる裸婦》
パブロ・ピカソ
《大きな横たわる裸婦》
日本初公開
1942年 油彩、カンヴァス 129.5 x 195cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
©2022 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パウル・クレー

Paul Klee

パウル・クレー《子どもの遊び》
パウル・クレー
《子どもの遊び》
1939年 糊絵具・水彩、厚紙 42.8 x 32.3cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
パウル・クレー《青の風景》
パウル・クレー
《青の風景》
日本初公開
1917年 水彩・鉛筆・ペン・インク、地塗りをした紙、厚紙に貼り付け 18.3 x 24.5cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館、ベルクグリューン家より寄託
©Private Collection, on loan to Museum Berggruen - Nationalgalerie, Staatliche Museen zu Berlin / bpk / Jens Ziehe
パウル・クレー《中国の磁器》
パウル・クレー
《中国の磁器》
日本初公開
1923年 水彩・グアッシュ・ペン・インク、石膏ボード、合板の額 28.6 x 36.8cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
アンリ・マティス

Henri Matisse

アンリ・マティス《雑誌『ヴェルヴ』第4巻13号の表紙図案》
アンリ・マティス
《雑誌『ヴェルヴ』第4巻13号の表紙図案》
日本初公開
1943年 切り紙、カンヴァスに貼り付け 38.1 x 56.8cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館、ベルクグリューン家より寄託
©Private Collection, on loan to Museum Berggruen - Nationalgalerie, Staatliche Museen zu Berlin / bpk / Jens Ziehe
アンリ・マティス《⻘いポートフォリオ》
アンリ・マティス
《⻘いポートフォリオ》
1945年 油彩、カンヴァス 55.3 x 46.7cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
アルベルト・ジャコメッティ

Alberto Giacometti

アルベルト・ジャコメッティ《広場Ⅱ》
アルベルト・ジャコメッティ
《広場Ⅱ》
日本初公開
1948-49年 ブロンズ 23 x 63.5 x 43.5cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe
アルベルト・ジャコメッティ《ヴェネツィアの女 Ⅳ》
アルベルト・ジャコメッティ
《ヴェネツィアの女 Ⅳ》
1956年 ブロンズ 116 x 15.5 x 33.5 cm
ベルリン国立ベルクグリューン美術館
©Museum Berggruen - Nationalgalerie, SMB / bpk / Jens Ziehe

ハインツ・ベルクグリューン(1914年-2007年)

ハインツ・ベルクグリューン
ベルクグリューン美術館
ハインツ・ベルクグリューン
©Heinz Berggruen Collection, Photo: Mary Ellen von Schacky-Schultz.
ベルクグリューン美術館
Courtesy of Museum Berggreun

ハインツ・ベルクグリューンは1914年にベルリンでユダヤ人の家庭に生まれますが、1936年、ナチス政権の抑圧を逃れてアメリカに渡り、フリーの美術ジャーナリストとして活動した後、サンフランシスコ美術館に勤務。第二次世界大戦従軍後は、パリで画廊を開き、やがて世界的な画商となります。作品のみならず芸術家の人となりにも深い関心を持ち、ピカソ、マティスなどの作家や詩人、文学者と親交を深めます。自分の心に適う限られた作家の作品収集に専念し、一貫性のある個性豊かなコレクションを作り上げました。
コレクションはジュネーヴ美術博物館、ロンドン・ナショナル・ギャラリーで展示された後、東西ドイツの統一を背景として、1996年からベルリンのシャルロッテンブルク宮殿に面した建物で公開されました。その圧倒的な成功を受け、主要作品は2000年にドイツ政府とベルリン市の資金援助によりベルリン・ナショナルギャラリーに収蔵されますが、これは同国の美術館史上最も高額な購入のひとつです。2004年には彼の90歳を記念しベルクグリューン美術館と改称、ベルリン国立美術館群のひとつとして、またヨーロッパの重要なモダンアートの展示紹介の場として活動しています。 2007年にベルクグリューンが他界した後も、遺族が美術館への支援を続け、多数の作品を寄託しています。

このページのトップへ戻る